2016年09月11日

事故の後のヘルメット

 前回の記事からどれくらい経ったか、すっかり忘れてしまいましたが、久しぶりの更新です。記事の更新をサボっていた間にもいろいろなことがありましたが、使っていたヘルメットが使えなくなってしまいましたので、今回はそちらを記事にします。

 原因は私の過失で、停車していた車に突っ込んでしまいました。幸いにして体は擦り傷程度、自転車も見た感じ問題なさそうで、シフトレバーに傷が増えた程度でした。ぶつかった時、まず自転車が車に当たり、自転車が前方に回転してリアウインドウに頭から突っ込みました。ヘルメットのてっぺんがガラス面に当たり、ガラスは粉々に割れました。もちろん自転車保険に入っていますので、保険で弁償させていただきました。皆さんも事故には気をつけましょう。

 さて、ヘルメットも事故の直後はなるべく早く交換しようと思っていたものの、見た目の損傷は全くなく、様子を見ながら使っていて、雨の中のライドでも数回使いました。ところが、先日渋峠にサイクリングに行った折、雨の中を走り終わった後、ヘルメットを見ると写真のように発泡スチロールと表面のプラスチックが剥離した状態が見えてきました。
CIMG2691.jpg
 どうやら事故の結果、発泡スチロール部分は衝撃を吸収するために潰れていましたが、雨の中のライドを数回経て水が発泡スチロールとプラスチックの間に入り込んだのでしょう。ということで、急いでヘルメットの交換が必要ということを認識しました。次回は新ヘルメットの選定について記事にしたいと思います。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


posted by ういろう at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

サイクリングのお伴! ウェアラブルトランシーバーBONX入手。

こんにちは。BONXをご存知でしょうか。bluetoothイヤホンと専用スマートフォンアプリで構成されるグループ通話システムです。LTE,3G経由のデータ通信でハンズフリーで会話することができます。

 2015年10月からクラウドファンディングでの予約販売が行われました。出荷は当初の予定ですと11月末から12月中旬でしたが、実際に出荷されたのは12月末から、私は梱包に関するトラブルが解決した後での出荷を選択したため、2月になってからでした。

 入手した目的はサイクリングに出かけて、離れたりした時にも自転車に乗りながら会話できるようにです。どれくらい差がついているか会話しながら走れますから、意図的にペースを落として遅れた人が追いつくのを待ったり、先行してトイレに行った後、サイクリング仲間がトイレのある場所を通り過ぎたかどうかも簡単に把握できますよね。
 私は2個注文しました。届いたのがこちら。耳にかける部分はシリコンゴムで薄めのものです。
CIMG2336.jpg
CIMG2337.jpg
CIMG2339.jpg


 届いた後早速セットアップです。まずは充電ですが、片方はなぜか充電時に点灯するはずのオレンジのLEDが点灯しません。ケーブルを取り替えると点灯しない方のイヤホンが変わったため、付属の充電用マイクロUSBケーブルは1本断線しているという結論になりました。そのため1個は別のUSBケーブルで代用です。しばらく繋いでいるとLEDの色がグリーンに変わり、充電完了です。次は携帯電話とのペアリングです。ペアリングしたのは私のiPhone6s、それから妻のiPhone5sです。iPhone5sとのペアリングは設定画面上はできたように見えたのですが、iTunesアプリの音も流れてこないということで、一旦はイヤホンの不具合だろうということで諦めてメーカーには一報しました。次の日、妻からスマホを借りてメーカーのサイトのサポート情報に従って一旦ペアリング情報を解除し、再度強制ペアリングを実施しました。すると、iTunesアプリの音をイヤホンから流すことができました。続いてBONXアプリを両方のスマホで立ち上げたところ、相手を認識することができました。室内で試すと、それぞれの声が1-2秒程度の遅延があるものの、きちんと聞こえてきました!

 そこで早速サイクリングに持っていくことにしました。サイクリング中に試すと、私の端末では相手の声は全く聞こえなかったり、リングモジュレータがかかったような聞き取ることができない宇宙語とでもいう音が聞こえてきたり、シュンシュンという何か物が小型化するような効果音ぽい音が聞こえてきたり(この音の正体はサポートページの情報で見つけられず。。。)という状態でした。対して妻の方では私の喋っている声はよく聞こえていたそうです。途中で自転車を降りて休憩した時には妻の声が聞こえる状態でした。同時に立ち上げているアプリをなくしても同じ状態だったので、スマホの負荷ではないと思います。さらに切り分けで妻が使っていたイヤホンを私のスマホとペアリング、私が使っていたイヤホンを妻のスマホとペアリングしてみました。すると今度は私のイヤホンでは妻の声が聞こえるものの、妻のイヤホンでは相手の声は全く聞こえなかったり、リングモジュレータがかかったような聞き取ることができない宇宙語とでもいう音が聞こえてきたり、シュンシュンという何か物が小型化するような効果音ぽい音が聞こえてきたりと状態が逆になりました。自宅に帰ってからさらに切り分けをしてみたのですが、最初に妻が使っていた方のイヤホンは室内で使っても相手側に聞こえる音量が小さいようです。

 相手の声が聞こえないイヤホンのペアリングや音声のエンコード・デコード周りが悪いのか、相手の声が聞こえる方のマイクが悪いのかユーザ側では正直言ってお手上げ状態です。

 使えると非常に便利なものだと思うのですが、片通話状態では魅力半減です。今は再びメーカーのサポートに連絡中ですが、早く正常に使えるようにしたいです。本来は12月半ばから使えるはずだったのに、結局手元に届いたのは2月で、さらに正常に使えていないという残念な状態になっています。。。

 また、進展があって正常に使えるようになったら報告したいと思います。


ブログ村に参加しています、よければ応援お願いします。コメントもお待ちしています。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by ういろう at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車用品インプレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

(今さら)2015年を振り返りと今年の目標

こんばんは、年末年始は更新をサボってしまったので、今更ではあるのですが、せっかくstravaで2015年の振り返り企画があったのでシェアしたいと思います。

他にはシクリズムジャポンのクリテリウムは2回参加して、2回とも優勝できませんでしたし、鈴鹿では5周の部に参加して1周してバテて後は一人旅、ブルベでは残念ながら600kmは参加できずSR取得はできなかったという状態でした。

今年はロングライドイベントにもう少し出たいですし、遠くに走りに行きたいですし、レースにもクリテリウムではないロードレースに参加してみたいと思っています。ということで一緒に走ってくれる人を募集しています。お気軽にコンタクト下さい。

ブログ村に参加しています、よければ応援お願いします。コメントもお待ちしています。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by ういろう at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

PIONEER SGX-CA500アップデートとANT+パワー送信機能

こんばんは。1月になってから、Cyclo-sphereのサイトを見たら、12月と1月に合わせて2回PIONEERのサイコン、SGX-CA500のアップデートがあったことに気がつきました。12月のアップデート内容を見ると、SGX-CA500からANT+でペダリングモニターから受け取ったデータを転送できるというものでした。

 ご存じと思いますがペダリングモニターはペダリング時の力の方向やペダルの位置ごとのパワーを独自の通信プロトコルで自社製サイコンに伝えるか、一般的なANT+を使ってパワーを伝えるか選ぶことが出来ます。ANT+の時に何を伝えることができるか、差分を私はよく知りません。ただしPIONEER独自プロトコルとANT+の両方で出力は出来ません。私はメインのバイクのサイコンとしてSGX-CA500とともにGARMIN1000を使っていますが、そちらには今まではパワーの値を送ることができませんでした。しかし、今回の機能が使えると、パイオニアのサイコンからgarmin1000Jに送ることでガーミンコネクトやSTRABAにアップロードするデータにパワー値をつけることが出来ます。もちろんcyclosphereへアップロードした後データ変換して転送することもできますが、私はやっていません。(そんなに難しいことではないんですが)STRAVAにはGARMINのデータをアップロードしています。STRAVAでもパワーの値を表示してみたいとは思っていたので、SGX-CA500のアップデートをしてこの機能を有効にしてみることにしました。

 さて、うちでは今までSGX-CA500のアップデートはPCに繋いでPioneer Cycle Cloud Connectを使ってupdateしてきました。しかし、これは最近使っているMacOS10.11 El Capitanには対応していないようです。インストールして試してみましたが、やはりアップデートできないようです。SGX-CA500にはWifi経由でアップデートするという手段もありますが、うちではSSIDを隠蔽してアクセスポイントとして表示しないようにしていますので設定を変えるのは面倒ですしパスワードも長く、再婚の小さな画面で入力するのは手間です。そこで、一時的にスマートフォンのテザリングで簡単なパスワードを設定してSGX-CA500の無線接続先とすることにしました。期待通りあっさり繋がり、アップデートは終了、簡単に設定して1時間ぐらいローラー台に乗りましたが、バッチリgarminでもパワーが記録されていました。後は左右バランスもデータを記録するようでした。

 ということで、しばらくはこの機能を使ってみたいと思います。毎回電源をオンにした時有効にしなくてはいけないのは面倒ですが。。。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by ういろう at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車用品インプレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

GOKISO GD2 ホイールと新型ブレーキシュー

 毎度お馴染みになってしまいましたが、またまたブログの更新の間隔が空いてしまいました。元々マメな人間ではありませんので、どうしても書く方に時間を割けていないのです。とはいえ、書きたいとは思っていたことがあり、また久しぶりの更新となります。ちょっと(かなり?)古い話で恐縮ですが、よろしかったらどうぞ。
 さて、私がGOKISOホイールを手に入れたのは2015年4月でしたが、買って4ヶ月の2015年8月、GOKISOのニュースリリースで「「GOKISO GD2(ジーディースクエア) ホイール」を発表します。」とありました。やはり自分の使っているものが旧型になってしまうのはショックです。メーカーが技術革新する限りは陳腐化は避けられないとはいえ、早いなあ、とがっかりしていました。その後2015年の11月頃プロの女子自転車選手の西加奈子選手がGOKISOの新型ブレーキシューは非常に良いとtwitterでつぶやいていらっしゃるのを拝見して、新型シューについて調べてみました。当時(今はどうか不明)、新型シューはまだ普通には買えずチェーンオイルと同様にイベント会場でのみ購入可能ということでした。GOKISOの既存のブレーキシューはすぐに鳴きが発生します。セッティングが悪いのかとお店の人にも相談しましたが、どうしようもないようで、swissstopの黒がオススメとのことでした。しかし、swissstopの黄色は絶対に避けてくださいと説明されているぐらいなのに、色が異なったらOKというのは不安で、かなりブレーキに気を使いながら純正を使い続けていました。
 そんな中、新型ブレーキシューの話を聞いたのでどうしても使ってみたくなり、GOKISOにメールで聞いてみたところ、売ってくれるということでした!さらに同じメールで私のホイールとGOKISO GD2ホイールの相違点を聞いてみたところ、ワイドリムのホイールをそう呼ぶことにしただけで、私のホイールはワイドリムなので、同じものとのことでした。なので、新しいブレーキシューとホイールの話はこれからGOKISO GD2を買う方にとっても参考になるのでは、と思います。
 早速、注文したブレーキシューが届いたので取り付けを行いました。黒い方が取り外した旧ブレーキシュー、緑色の方が新型ブレーキシューです。
CIMG2309.jpg

週末に白石峠まで登ってダウンヒルを試してみました。以前のブレーキシューでは、鳴きが気になって本当にピンポイントでしかブレーキをかけられず、少し自分が危ないのではないかと思うぐらいまでしかスピードを落とさずに下っていました。しかし、新型ブレーキシューでは、テストのため、意図的に必要以上にスピードを落とすようにして峠を最後まで下りましたが、鳴きは発生しませんでした。非常にホイールとの相性がバッチリなブレーキシューだと思います。その後数回白石峠以外にも出かけましたが、鳴きは発生しませんでした。
 ただ、数回のサイクリングをした後でブレーキシューあたりをきれいにしていると、緑色のシューが黒色に変化していることに気がつきました。写真をご覧いただくと変色がわかるかと思います。
CIMG2330.jpg
そのため、GOKISOに問い合わせをしたところ、「そのままの使用も可能だが、音鳴りの原因となる可能性があるため、変色した箇所を緑色の面が見えるまで削って使用することを推奨する」とのことでしたので、定期的にブレーキシューの面を整えるようにしています。

何か質問等がありましたらコメントいただければ幸いです。
ブログ村に参加しています、よければ応援お願いします。コメントもお待ちしています。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by ういろう at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車用品インプレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

GROWTAC GT-ROLLER FLEX3(ローラー台)購入!

こんにちは。新規ローラー台として2015年10月号のサイスポにも紹介されていた、GROWTAC GT-ROLLER FLEX3を購入しましたので、購入経緯と使った感想、さらにはシマノ鈴鹿ロードの展示でよく似たミノウラから発売予定のローラー台(10月号のサイスポの28Pの広告に載っていたもの)も試しに乗ってきましたので、比較について書きたいと思います。(感想については単なる趣味人の中年の個人のものとして捉えていただければ幸いです)
ちなみに残念ながら私はなかなか機会が無くて3本ローラーは乗ったことが無いので3本ローラーとの比較は出来ないのでご了承ください。
GROWTAC GT-ROLLER FLEXシリーズは全く自転車をローラー台に固定しない3本ローラーおよび後輪をローラー台に固定する固定ローラーと違って、自転車を前輪フォークでローラー台に固定するローラー台です。また、固定部分は「浮いた」ような構造になっていて一定範囲で自転車が傾くことが出来ます。そのためバランスを意識してペダリングをするになる、というものです。通常の固定ローラーのように負荷をかけることが出来ます。
詳しくは、GROWTACのサイトと、
そのカタログ
をご覧ください。

購入経緯
3年ほど通常のミノウラの固定ローラーを使ってきましたが、実走に近い3本ローラーでペダリングスキルも磨きたいと思っていました。しかし、さすがに2つのローラー台を広げておくような場所はありませんし、固定ローラーの心肺機能を高めたり脚力を高める能力も捨てがたいので、一つで両方の役割を兼ねることの出来るいいとこ取りの機種を探していました。どこのサイトだったか忘れてしまいましたが、前のモデルを利用している動画を見て良さそうだったので、今回の型が出るタイミングで購入を決めました。

使った感想
調整について
後輪を乗せるローラーは両方のホイールにバランスよく重量が乗るように調整が必要です。ホイールベースに合わせて長さを調節する部分は4本の6角ネジですが、サイズの異なる自転車に乗っている複数人で共用するときはその度に調整が必要です。私は妻と共用なので、調整した位置が分かるように油性ペンで印を付けました。また、調整用のネジは緩めすぎないように注意です。交換できるように内側のナットの役目をする台座は特に固定されていません。私は緩めすぎて一旦外して外れた台座を付ける羽目になりました。

乗ってみて
CIMG2018.jpg固定ローラーと違って体重をかけた方にローラー台の上部構造と自転車が傾くため、バランスを取って乗るように意識できると思います。ただし、通常の範囲であれば、傾いたからと行ってローラー台ごと倒れるようなことはなさそうです。実走通りかと言われるとどうかと思いますが、固定ローラと違って実走のようなバランスは意識する必要があります。また、
カタログではハンドルが回転すると書いてありますが、ほとんど動かないようです。これは現行モデルではハンドルが回転しにくいと変更点に書かれています。
音は私が持っていたミノウラのものより静かです。

ミノウラの新モデルとの比較
シマノ鈴鹿ロードで展示していたミノウラの新モデルはGROWTACのGT-ROLLER FLEX3と同じくフロントフォークでローラー台に固定、さらにローラーユニットも同じように2本のローラーでタイヤに接触となっています。後追いで真似っぽいのですが、大丈夫なのでしょうか。異なる点としてはミノウラのものは傾きを積極的に作るような機構はないため、後輪に不自然な負荷がかからないだけの通常の固定ローラーとなっています。乗ってみても通常の固定ローラーに非常に似ていました。逆にミノウラの新モデルで優れているのはフロントフォークを固定している部分を上下できるので、擬似的に登坂と同じ傾きを簡単に作れることです。(今までの固定ローラーなら前輪の下に雑誌を敷いたりしていましたね)

以上が私の感想になります。何か質問等がありましたらコメントいただければ幸いです。
ブログ村に参加しています、よければ応援お願いします。コメントもお待ちしています。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by ういろう at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車用品インプレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

ホイール購入!

こんにちは。以前の更新からいったいどれだけの時が経ってしまったことでしょう。お休みするとなかなか次が書けなくなってしまいますね。
前回までの内容はホイール選びの話しでしたが、バッチリ購入してます。

購入したのは、

GOKISO38mmワイドクリンチャー
です!

というわけで購入経緯、使ってみての感想を書いていきます。
今回のホイール購入にあたっては実際に試乗して良かったものにしようと決めていました。GOKISOは取扱いしているところではメーカーから取り寄せて試乗出来るとのことだったので自宅から近いGOKISO取扱い店で試乗したい旨を伝えると手配してくれました。試乗するホイールは38mmワイドクリンチャーです。試乗ホイールが届く前にお店の方の個人持ちのハブはGOKISO、リムはENVEというフロントホイールをお借りしたのですが、フロントだけではイマイチ私が普段使っているEASTONのEC90AEROとの差は分かりませんでした。(私が鈍いという話もあります)依頼して2週後の週末に試乗ホイールが届いたとのことで乗ってみました。回転は非常にスムーズで路面から伝わる振動を和らげてくれます。あいにくお店の周りには短い坂しかないので、重量が重いことによる登坂に対する影響を満足いくまで試すことができたとは言えませんが、短い坂を何回か登ってみた感じでは以前のホイールと比べて特に悪くなっているとは思いませんでした。平坦でのフィーリングの良さを信じて注文しました。
#ちなみにGOKISOの試乗ホイールはコンチネンタルの軽量タイヤ、スーパーソニックを履いています。普段のタイヤより軽量だった場合にはホイール重量の差分が小さくなりますので、意識しておいたほうが良いでしょう。

2ヶ月ほどで注文したホイールが届きました。うれしくて重量も計らずにタイヤ、スプロケットをつけてしまったので、重量はお伝え出来ません。またそのうちに計ってみます。付属のクイックリリースはレバー部分がカーボン製でEASTONのクイックリリースに似たカッコイイものなのですが、出来はイマイチだと思います。少なくとも力のかかるリアはシマノなどのしっかりしたものに変えたほうがよいと個人的には思います。私の場合、リアのロー側3枚ぐらいを使って坂を登る時には異音が発生しました。(原因の特定には非常に苦労しました。)今はマビックのクイックリリースを使っています。4月に入手したので数ヶ月使っています。このホイールの特長はスピードの維持が非常に楽ということです。草レースのクリテリウムや安曇野センチュリーライドにこのホイールで参加しましたが、安曇野の長い下りでは、ホイールだけが原因では無いでしょうが、同じように足をとめていてもこちらの方が早くスピードが上がっていきました。
ただし、ブレーキ性能は以前使っていたEASTONのカーボンホイールと変わりません。カーブが多い長い下り坂のようなブレーキを頻繁に使うシチュエーションでは鳴きが発生します。最新のカンパのカーボンホイールでは雑誌のインプレを見るとブレーキ性能を絶賛されているのでそんなことはないのかも知れませんね。

試乗したときに感じた以上に私にはあったホイールで、気に入ってます。もちろん他のホイールも機会があれば試乗してみたいですし、また気にいるホイールはあると思います。最近安くなったLIGHTWEIGHTも気になります。最近はGOKISOでハブの単体売りを再開したのでGOKISOハブで軽いリムと組み合わせたホイールを組むのも楽しそうですね。


ブログ村に参加しています、よければ応援お願いします。コメントもお待ちしています。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by ういろう at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車用品インプレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

雨のブルベ〜BRM411西上州300

4/11(土)はBRM411西上州300に参加してきました。天気予報では雨は10時ぐらいまでとなっていましたが、長引き、さらには夜に再び雨に降られてしまいました。

<スタートまで>
初ブルベでは前泊を選択しましたが、今回は7時スタートを選べば始発電車でスタート地点に着けることが分かったので、輪行決定。朝起きて準備をして外に出ると霧雨です。最寄駅まで10分程度輪行袋を担いで歩きました。二子玉川駅に着いて自転車を組み立てたらスタート地点へ。すでに7名程度がエントリーを済ませていらっしゃいました。雨は予想以上に降っている状態でした。走っていないと寒かった。

<装備>
まずは服装から。上はレインウェア、春物の長袖サイクルウェア、春用インナー、パールイズミのレイングローブ、下はassosの起毛のビブショーツ、カステリのnanoflex防水レッグウォーマー、多少は水をはじく、冬用のシューカバー。シューカバーは雨用を手に入れるつもりでしたが、何件かお店を回ったものの、ちょうど私の靴のサイズは売り切れでした。
自転車はスペシャライズドのルーベ、ホイールはフルクラムのレーシング1、タイヤはコンチネンタルのグランプリ4000S。
バッグはモンベルのハンドルに着けるバッグに通常のサドルバッグ。前回レベレイトデザインのサドルバッグを持って行ったところ、過剰装備で自転車を漕ぐとバッグが揺れて操作に苦労したため、可能な限りコンパクトにというのが今回の目標でした。しかし、輪行の用意や電車内で履いていた折りたたみの靴、夜も走るということで持って来た通常の眼鏡とサングラスケースで、とても入りきる量ではありませんでした。
 とりあえず靴はバッグポケットに入れてその他のものはフロントバッグに押し込みました。フロントバッグには多少の補給食と前回電池切れで苦労したため長めのUSBケーブルとコネクタの向きを変換するケーブルも入っていました。
ライトは前がvolt700とvolt300、リアライトがTL-LD170-Rを2つです。
道はキューシートとedge1000でチェック。

<スタート>
車両点検が終わるとスタートです。今回は最初の方に点検してもらったのですが、もたもたしていてスタートがちょっと遅くなりました。雨は結構降っていまして、車も水をはねていきますので、30分も走ると足が湿ってきました。やはり雨用のシューカバーが必要だったということです。輪行のためボトルにはドリンクを入れていなかったため30分ぐらいでコンビニに入ってドリンクを調達です。再び走り出して、バックポケットの靴が思いっきりポケットを膨らましていて、邪魔ということに気がつきました。最悪途中リタイアの場合にはサンダルを購入しようと思い、再び別のコンビニに入って自宅に靴を送ってしまいました。身軽になって再度出発です。最初の目標はPC1に6時スタートの人たちの足切り時間前に着くことでした。足切りタイムは9:09、私が着いたのは9:06でした。ここまでで約43kmです。雨でなかなかスピードが上がりません。まだ、6時出発の人でコンビニにいらっしゃる方もいました。また、雨のせいで落車してしまい、DNFの連絡をされている方もいたりしました。

<道の駅オアシスなんもくまで>
PC2の手前あたりから雨が止みました。PC2を最初は別のセブンイレブンと勘違いしてしまい、いったん止まってしました。店の名前が違うので、再び1kmほど走ってPC2に到着しました。PC2では6時スタートの方たちが4,5名程度いらっしゃいました。雨で靴の中がベタベタだったため、一旦靴下を脱いで絞って長めの休憩を取りました。この後は結構な登り。雨が止み、チェーン周りが乾燥してくると、チェーンオイルが落ちてしまっていて音がしていることに気がつきました。音がしていると何となく抵抗が増えているような感じがしてしまいます。登りが終わり、下りの途中で道の駅オアシスなんもくがありました。そこで、まずはチェーンやギヤをきれいにして持参していたオイルをさしました。オイルをさした後でそばを食べました。そろそろ出発の準備を始めた頃に別の参加者の方がパンクして到着しました。お手伝いをして再び休憩してから出発しました。

<ゴールまで>
PC3までには予想外に時間がかかり、日が暮れかけたころに着きました。オアシスなんもくではのんびりしてしまったため、多くの人に抜かれたような気がしましたが、PC3までに1名しか見かけることはありませんでした。PC4に向かう途中は山というほどではありませんが、短い登りが複数回ありました。しかも雨が再び降り始めました。かなり疲労してきてしまい、それほどスピードが上がりません。わずか50kmで2時間半もかかってしまいました。PC4では3名の方が先に着いていらっしゃいましたが残念ながら私が着いたときにはちょうど出発だったらしく、会話できませんでした。軽く休憩して再スタート。ここらで雨が激しく降りました。車の多い道なので、たっぷりと車の飛ばす水の洗礼を浴びてしまいます。雨をかけられるのはうれしくないので、足はもう痛くなってしまっていますが力を振り絞ってペースアップ。左足の膝の裏側が痛みがひどくなってきたのでペースダウンして走っていると、複数の自転車のテールライトが見えてきました。再び加速して追いついてみるとPC4で見かけた3名の方達でした。一緒に走らせてもらうことも考えましたが、ずっと一人で走ってきたので、今更一緒に走ってもなあ、と思い、あいさつだけして先に進みました。スタート地点を通って、ゴールに到着。寄り道しなかったので自分の脚力の割にはかなり早く着きました。ゴールでは暖かい飲み物を振る舞っていただき、しばらく休憩してから再び自走で自宅まで帰りました。オートストップありでサイコン上の平均スピードは26.1km。バイシクルクラブで三船さんが書いていらっしゃったペースには全く及びませんね。。。
 非常に疲れましたが楽しかったです。雨の中のライドは出来たらしたくないですが、良い経験になりました。一つ残念だったのはゴールでBRM425の最終受付をしていたのですが、その日に予定が入っていたような気がして、申し込まなかったことです。

さて、次の記事ではホイールを購入したので、その決めた理由を書く予定です。

ブログ村に参加しています、よければ応援お願いします。コメントもお待ちしています。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ラベル:ブルベ
posted by ういろう at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

初レース! EQAクリテリウムin熊谷参加

こんにちは。もう1ヶ月も前のことになってしまいますが、3/14にEQAクリテリウムin熊谷に参加したときのことを記しておきたいと思います。

事前準備
申し込みをしたのは、シクロワイヤードで取り上げられてイベントを知ったからです。2月のレースにも参加できるような時期に申し込んだのですが、2月はレースするには寒すぎるかと思って、3月を選択しました。今年は自転車のイベントにいくつか参加したいと思っていまして、ビギナー向けに講習もついているということで最初のレースとしました。前日はチェーンのオイルをいったん落として塗布し直しました。受付は8:30開始、8:45からコース試走OKとのことでしたし、家から熊谷は自走で行くとそれだけで疲労してしまいそうだったので、車で移動。受付を済ませると、ゼッケン、当日のスケジュール、安全ピンが渡されました。ゼッケンを安全ピンで止めるとコースを試走。一人で時速30kmぐらいで走る分には充分な広さですが、こういったレースではどれくらいの速さで走るものか分からず、緊張してきました。
 開会式ではエキップアサダのイベントでお世話になったインストラクターの方がゴール前のクランクコーナーは落車注意、けがをしないようにお願いします、と伝えていました。
 私はビギナークラス申し込みなので、講習がありますが、レーサークラスの方は開会式が終わると早くも予選です。レーサークラスのレースを見ることにしました。スタートすると、速いです!周回遅れにならないか、不安になってしました。

講習走
まずはビギナークラス向けの講習走に参加です。縦列走行、並列走行、並列走行の間に1台が前輪を入れるフォーメーションについてレクチャーの後、実際にコースを時速20kmぐらいで走って練習。なかなか間隔を狭めるのがどれも難しいです。インストラクターの方が「ロードレースでは集団走行時にはダンシングしただけで怒号を飛ばす人もいますよ」なんて言うので、ビビってしまいました。

レース
ビギナーは昼からレースです。このイベントではビギナーでも予選+決勝か、予選+敗者復活戦、または予選+敗者復活戦+決勝の少なくとも2回はレースを楽しめます。
 予選はなんとか周回遅れにはならずに着いていくことができました。しかし、レース中の心拍数は最低でも174と普段走っているときにはほとんど見ない数値で心配になっていました。ピークの心拍数は184でした。また、最大パワーは830Wでした。敗者復活戦に回るのは11位以下ですが、そのまま決勝に進める順位に入ることができました。
 続いての決勝でもそこそこの順位。何回か先頭で周回したりできましたが、最後はバテてしまって置いていかれました。予選もそうですが、ちょうどゴールに向かうときに向かい風できつかったです。こちらのピークの心拍数はなんと193!ただしパワーは804Wとなりました。
 ちなみに2回とも講習走の時にインストラクターの方が話していた怒号なんて聞きませんでしたし、終わった後には走った人同士でお互いに健闘を称え合ったりして皆さん非常に紳士でした。これがレース経験を積むと怒号が飛び交うようになってしまうんでしょうかwww。

 初レースは非常に楽しかったです。ただ、クリテリウムって同じコースを回るので定期的にパワーを上げるところがインターバルトレーニングみたいです。ただし、足を緩められる間は非常に短いですが。。。周回ではないロードレースも走ってみたいです。


ブログ村に参加しています、よければ応援お願いします。コメントもお待ちしています。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ラベル:レース
posted by ういろう at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

ランブルローラー ビースティ・ボール

私の筋肉は非常に固いらしいです。会社のそばでマッサージ屋さんに行っても、「マッサージ開始したときは筋肉が固くて指が入っていかない」とか言われます。よく言われる「柔らかい筋肉は良い状態」とはかけ離れている訳です。。。もともと肩甲骨周りの凝りには悩まされていまして、整骨院にもよく行っています。自転車に乗るようになって、足の痛みも出るようになりましたが、足の痛いところはだんだん変わっています。最初は膝回り、その次はふくらはぎが攣るようになって、また膝回り、最近は臀部がよく痛くなります。そんな凝りをほぐすために私はランブルローラーを使っています。ランブルローラーはこちらです。
CIMG1906.jpg

 知ったきっかけは宮澤選手(今は監督ですが)が使っているとブログかなにかでおっしゃっていたのを見たことです。これを最近は「ロードバイク超楽々トレーニングBOOK」というMOOK本の「リカバリー効果があるストレッチ」という章を見ながらやっていました。最近流行の筋膜リリースってやつです。ただ、ランブルローラーはどうしても大きいので、もっとピンポイントに狙いたいトリガーポイント用にもっと小さなマッサージ道具は無いかとちょうど考えていたところ、3/12のターザンが肩こり腰痛にトリガーポイントが効くと言うぴったりな特集だったため、購入したところ、「カラダのプロが評価バラエティグッズ」というページに私の使っているランブルローラーの球形のものがオススメに挙っていました。ランブルローラー ビースティ・ボールです。
CIMG1905.jpg
 私は全く知りませんでしたが、シリーズでピンポイントに狙えるものも売っていたんですね。ということで、購入しました。堅さは2種類ありますが、私には黄色い固い方がマッチします。(妻は標準の方が良いようですが)

私はこれを椅子に座るときお尻と足の境あたりの大臀筋のトリガーポイントにあてて圧迫したり、寝転んだときにお尻と腰の境目の梨状筋のトリガーポイントにあてたりしていますが、非常に効きます。指で圧迫するのは肩周りが疲れたりしますが、これなら体重を乗せるだけなので、楽です。同じような悩みを持っている方にはぜひお勧めしたいです。もちろん普通のランブルローラーも。

ブログ村に参加しています、よければ応援お願いします。コメントもお待ちしています。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

posted by ういろう at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車用品インプレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。