2013年09月26日

DURA-ACE 9070 Di2使ってます。

私が今乗っているロードバイクにはDURA-ACE 9070 Di2が付いています。
単なる趣味でロードバイクに乗っているだけのオッサンにはオーバースペックですが、電動の変速を使いたくて、つい選んでしまいました。そのため早い人は12月ぐらいから納車されていたらしい私の購入したロードバイクですが、結局入手できたのはGW明けでした。(10月ぐらいには注文していたんですけどね。。。)

利用しているのは、
・通常のフロント、リアディレイラー
・デュアルコントロールレバー
・スプリンタースイッチ
・サテライトスイッチ
・内蔵バッテリー
・クランク、フロントチェーンリング(52-36T)
・スプロケット(11-28T)
です。ブレーキは購入したバイクがVブレーキタイプのものとなっているため、
使用していません。フロントチェーンリングは最初のバイクが50-34Tなのでちょっと
重くしてみました。


不具合と対応
使ってみて気になった点が2つありました。
1.リア側を下から4,5速あたりにしてフロントをアウターに変速すると変速後、3,4秒で
 自動トリム調整が行われるが、調整後にディレイラーとチェーンが擦れて音が鳴る。
2.フロントをアウターに変速する際にスムーズに変速せず、空回りが長く続く時が1/3ぐらいの
 確率で発生

1.についてはマニュアルを見てノーマルな調整から若干ずらすと改善できましたが、2.については自分で修正することは出来ず、購入した自転車屋で再調整いただきました。フロントディレイラーのシフターのアジャストモードでの微調整では足りず、固定ねじを緩めて、角度調節用ねじを少しいじって固定、実際に私が乗ってみてテストという調整を10数回行っていただいて、満足な変速が行えるようになりました。正直言ってこんな状態になったら自分で調整できる気がしません。。。


使用感
うまく調整できていれば、やはり、電動は楽です。特にフロントの変速。フロントの変速を多用するようになるというのは本当です。また、細かな自動でのトリム調整が効果的です。
コントロールレバーもスマートで非常に握りやすいです。お金があればもう1台も電動にしたい。
あとはスプリンタースイッチが便利。わざわざハンドルを持ち直す必要がないのがよいです。
通常のサテライトスイッチは今イチ使いこなせていませんが。。。
オススメです!

ブログ村に参加しました、よければ応援お願いします。コメントもお待ちしています。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




posted by ういろう at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

9/22 白石峠サイクリング

9/22(日)は前日夜遅くまで起きていたため、7時過ぎに起床しました。
のんびり朝食を食べて、自転車に乗ったのは9時半。100キロ走るぐらいを目標にして出発しました。55キロ地点にあるいつも折り返すコンビニにやってきましたが、乗り足りない気がしました。
そこで白石峠まで足を伸ばしてみようと思い立ちまして、妻には昼食はいらないとメールしました。

 のんびりしていると帰る頃には暗くなってしまう恐れがあるので、いつもより気持ちスピードをあげて向かいましたが途中でウインドブレーカーも持って来ていないことに気がつきました。昨年に行ったときには、峠から下るときにかいた汗が冷えて、ウインドブレーカーを着ても寒かったことを思い出していました。やっぱり準備不足なので帰ろうかとも思いましたが、寒ければそのときに帰れば良いのだし、次の日は荒川沿いで色々なイベントが予定されていて、スムーズに白石峠にアクセスが難しい可能性もあるので、今日行こうと思い直しました。白石峠への上り口に着いたときには1時を過ぎていました。休まずに上り始めましたがいつもより苦しいです。どうやら最初のうちに白石峠まで来ることを予定せずに100キロ走るペースで走り、休憩もそれほど取らなかったため足に疲労がたまっているようでした。しかし、なんとか足を着かずにゆっくりと上りきることができました。

 峠にはバンが止まっていて、アイスキャンディーと飲み物を売っていました。ガリガリ君を買って休憩です。いつもなら堂平天文台まであがるのですが、時間が遅いのでそのまま白石峠で休憩して帰ることにしました。家の近くの自転車屋であるfitteの人たちも白石峠に来ていました。私と違って全然バテていませんでしたが。。。帰りは戸田辺りから向かい風が強く、苦労しました。結局その日は175キロ走りました。消費カロリーはガーミンの楽天的な計算で5300キロカロリーでした。
しかし、夜は飲み会に参加でだいぶ摂取してしまいました。。。

 翌日はイベントが多いようで風も強かったので走りませんでしたが、自転車のイベントのTokyoセンチュリーライド葛西というのもやっていたようですね。何日も前から荒川に告知の看板が出ていて、白石峠までは知ったときには事前準備をしていたので気になり、家で調べました。センチュリーと名乗っているので100キロ?100マイル?どちらを走るのだろう、どこまで走るのだろうと思ってみたのですが、80キロらしいですね。普段走らない人にはきついし、ロードバイクに乗っている人には中途半端な距離な感じがします。そもそもハーフセンチュリーじゃないかと思うのですが。。。
2012年にスタッフとして先導に参加した人のブログとかが見つかったりしたのでつい読んでしまいましたが、スタッフはボランティアなんですね、6000円も参加費がかかるのに。だれが6000円をいただいているんでしょう?まあ、普段自転車に乗っていない友人を引っ張り込むにはいいイベントかもしれませんが、私ならしまなみとか、佐渡とかのイベントに参加したいですね。


ブログ村に参加しました、よければ応援お願いします。コメントもお待ちしています。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by ういろう at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

S-WORKS ROADシューズ2013の使用感とヒールトレッド交換

今日近所のドコモショップに朝8時ぐらいに行き、グレーのみ販売という張り紙を見て購入を断念し、荒川100キロサイクリングに出かけたういろうです。こんばんは。

多くの方が使っていると思われる、S-WORKS ROADシューズですが、2013モデルを今購入検討されている方がいるかもしれないと思いまして、ヒールトレッドを交換したこのタイミングで簡単な使用感について書かせていただきます。
私が以前使用していたのはS-WORKS ROADシューズの2011モデルになりますが、そちらとの比較をします。以前使用していたシューズはヘルメット同様昨年末に雨の中転倒してシューズ表面が大きく傷ついたため、室内でのローラー用とすることにしました。

大きな変更点
・BOAダイヤルの数は変わらないものの、指先側にマジックテープでの調整箇所が増えた。
→もともとマジックテープで閉めるタイプのシューズが好きではないためダイヤル式を選んだのですが、2011モデルの履き心地に惹かれてしまったため、次のシューズもスペシャライズドのものにしました。他に履いて検討したのは、suplestとLAKEです。suplestはデザインは一番かっこ良かったのですが、今まで履いていて履き心地がよかったことを重視しました。

・ヒールトレッドが2011モデルではプラスチックだったのですが、2013モデルではゴムになっていて足を着いたときのクッション性が増しています。


その他
・さらに軽量になっています。
・発売前にスペシャライズドコンセプトストアで予約しましたが、世界中でかなりの人気だったそうで待たされました。
・以前のモデルと比べて若干同サイズでも小さいため、ワンサイズ上のものを履くことをお勧めします、とコンセプトストアの方は言っていましたが、もともと前のモデルで大きめを選んだため、同サイズを発注し、念のため発注したものが届いたときにワンサイズ大きいものも試させていただくことにしていました。(結局同サイズを買いましたが)
・ダイヤルの使用感は変わらないものの、靴型も変わっているようで、最初のうちは2時間ぐらい履くと親指の爪があたってだんだん痛くなる状態で、購入して失敗したかも、と思っていましたが、だんだん足になじんで来たのか、先日の東京湾一周も問題ありませんでした。



ヒールトレッド交換
 ヒールトレッドがゴムに変わったことでヒールトレッドの耐久性が落ちているようです。交換前はこんな状態になっていました。
CIMG0439.jpg
 そのため、8月ぐらいにスペシャライズドコンセプトストアに買いに行ったのですが、まだ交換用部品は入荷していないとのことで、11月ぐらいになりそうとのことでしたので、予約をしておきました。幸い、9月になって予想より早く入荷し、手に入れることができました。お店に出したものはすぐに売れてしまったそうです。
購入してきたのはこちら。
CIMG0437.jpg

簡単に交換できました。
CIMG0445.jpg

新しいヒールトレッドで先日の東京湾一周には出かけたのですが、早くも4つのパーツのうちの一つ左足の外側の方が破損してきています。。。交換部品は念のため2セット購入したのですが、さすがに早すぎるような。(私の足の着き方が悪いのでしょうか。)

ブログ村に参加しました、よければ応援お願いします。コメントもお待ちしています。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by ういろう at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車用品インプレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新ヘルメットKOOFU WG-1の不具合と感想

明日は有給で会社は休みですが、朝から自転車に乗るか、iPhoneの行列に並ぶか悩んでいるういろうです。こんばんは。

 現在使っているヘルメットKOOFU WG-1におきた不具合と使ってみての感想を書きたいと思います。

購入理由
 以前のヘルメットはOGK KABUTOのREDIMOSです。軽いヘルメットが欲しくて購入したものです。特に問題なく使えていましたがインナーパッドのへたり、昨年末に雨の中転倒して頭を打ったことから今年になってから買い替えを検討していました。最初の候補はGIROのair attack shieldでしたが、なかなかお店で試着できるものが無かったこと、あまり出回らなかったことから断念しました。7月中旬にLサイズを試着することができましたが、ちょっと私の頭には大きい気もしました。Mサイズと比較できたらよかったのですが。前のヘルメットはいつまでもかぶっていられなかったので、別の候補としてKOOFU WG-1を考えて自転車を購入したお店に相談したところ、ツールドフランスの時期に新モデルが出るという噂があると聞いたため、その時期まで待つことにしました。
結果として新モデルではなくランプレメリダのカラーが発売されました。ランプレメリダ色は私には似合いそうにも無いので、好みの色のマットブラックレッドを購入しました。

使用感
サイズはREDIMOSと同じLで行けました。(もうワンサイズ小さくても行けたかも)
かぶった際の見た目ですが、REDIMOSより横幅があります。(キノコ具合はアップかな)
空気の通りはREDIMOSより良好です。夏にはぴったりだと思います。
空気抵抗も少ない気がします。(プラシーボかな?)
軽さは同等レベルです。
正面の戦隊モノっぽいVのラインは少なくとも私の使用しているカラーでは目立たないと思いますが、好みもあるでしょうから、チェックをお勧めします。

発生した不具合と対処
購入日、お店でアジャスターを閉めた際にダイヤルが空回りしました。手でダイヤル付近を押さえるともとに戻りましたが、数日後の使用時には復旧しなくなりました。一度アジャスターを分解してはめ直したところ、それ以降は発生していませんので、製造時のねじの閉め具合が不足していたのではないかと考えています。
 もう一つ、チンストラップのアジャストロックのヒンジ部分が特にぶつけていないと思うのですが、欠けました。軽量なアジャストロックなので、弱いという訳ではないと思うのですが。。。
欠けている方が分かりやすい画像と欠けていない方をむけた画像をどうぞ。
DSC_1338.jpgDSC_1337.jpg
 このアジャストロックは別売りはしていないそうで、サポートに電話すると無料で送ってくれました。サポートは丁寧でよいのですが、土日はやっていないのが残念です。(会社の休み時間に電話しました。)

その後は特に問題なく使えています。快適です。


ブログ村に参加しました、よければ応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

posted by ういろう at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車用品インプレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

早朝サイクリング

本日は会社に午後から出勤。そのため、朝ちょっと早く起きて50キロぐらいサイクリングに行ってきました。昨日は大変空気が澄んでいて、東京でも富士山が見えたと聞いていたので、コンパクトデジカメを持って荒川へ出かけました。何カ所か土手から水がしみ出していたものの、比較的快適なサイクリングができました。

 冬にはよく富士山が見える秋ヶ瀬橋あたりまで来たので富士山を探しましたが、かろうじて輪郭が見える程度。残念ながら撮影してもよくわからないでしょう。荒川土手にはいつの間にやら所々に彼岸花が咲いていることに気がつきました。

 帰りの信号待ちで自転車を降りたところ、シートポストのサドルを固定するボルトがゆるみ、サドルがぐらぐらしていることに気がつきました。どうやら先日サドル近辺からの異音切り分けのためにサドルを交換してチェックした際の固定が甘かったようです。
 サドルを固定するボルトは14ミリの六角のボルトタイプのため、持ち歩いている工具では対応できません。やむを得ず出来るだけダンシングを避けて可能な限りぴったりとサドルに座ってペダリングして帰ることにしました。段差や上り坂でも座ったままでした。。。それでもサドルの前の方がだんだん上を向いてしまいました。それでもなんとか家まで往復60キロを走って帰ることができました。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by ういろう at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/13 初東京湾一周cycling(後編)

 金谷でフェリーの切符を1020円で買いました。フェリーが入港してきて、久里浜からのお客さんが
すべて降りて乗船が始まりました。自転車に乗ったままで乗船するように促されました。壁のバーのようなところにドロップハンドルを船員さんが引っ掛け、タイヤに車止めをした自転車の固定は終了です。
客室にあがると金曜日ということもあってか、ガラガラでした。
CIMG0452.jpg

 船長さんのアナウンスでは9/13は海の上も非常に穏やかとのことでした。自転車で走っても千葉側でも神奈川側でも風が弱かったので、絶好のサイクリング日和だったのでしょう。

木更津港を目指す大きなLNGタンカー。全長300メートルほどとか。
CIMG0458.jpg

 船内ではお約束の横須賀海軍カレーパンを食べました。そうこうしているうちに50分ほどで久里浜に着きました。久里浜港に降りてすぐのコンビニでスポーツドリンクをボトルにつめ、再び走行開始!
本当は久里浜辺りで昼食を食べようと考えていましたが、道沿いには適当なところがなく、横須賀まで行った後でよさげなお店を見つけて天丼を食べました。

 食後は国道16号を走って行きました。横須賀辺りはトンネルが多かったです。トンネル内で自転車のすぐ横を速度を上げて通ってゆく車がたまにいたのはちょっと怖かったです。横浜では仕事で電車を使って時々来る関内あたりを走りました。横浜駅を過ぎたあたりからは国道1号を走りました。東京の港区辺りまで来ると日が傾いてきました。5時近くとなりました。180キロぐらい走っていました。

 この辺りまではポタリングで来たことがあるので出発地点までたどることは簡単です。日比谷公園のそばを通り、上野をこえ、北千住から堀切の駅まで無事に着くことができました。
 時間は6時ぐらい、かかった時間は11時間半、そのうちサイコン計測の自転車をこいでいた時間は7時間半、距離は200キロに届かず199キロ、消費カロリーはガーミンの楽天的な記録では5766kでした。自宅に帰っても体はそれほど疲れていませんでしたが、サドルのあたる部分がすれていてシャワーを浴びるとヒリヒリしました。

ブログ村に参加しました、よければ応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by ういろう at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

9/13 初東京湾一周cycling(前編)



9/13は有給休暇を使って会社を休むことにしていました。
当然自転車に乗るつもりだったのですが、たまには普段とちがうところに行きたくなり、
東京湾一周に行くことにしました。前日にネットで調べるとたくさんの人のブログ記事が引っかかりました。皆さんの出発地点によってことなるのでしょうが、200キロ前後ぐらいで回れるようです。
トラックが多い割に道幅が狭いところは避けるものの、基本的には幹線道路を使って行くことにしました。google mapsを使ってルートが載っているサイトを参考にしようとプリントしたのですが、地図は印刷されるものの、ルートは印刷されません。プリンタドライバの問題のようです。
おまけにプリンタの印字調整が今イチなようで、各色がずれてしまって地図がぼけてしまっています。一部分は印刷したものの、テキストで道順をメモってあとはiPhoneで調べながら行くことにしました。
自転車は乗り馴れたRoubaix SL2です。

 6時半ぐらいに堀切駅前から出発、葛西臨海公園を目指します。葛西臨海公園からは湾岸道路、国道357を走ります。基本的には走りやすいものの、所々にある立体を通るお作法が分からず、何カ所か苦戦しました。特に二俣新町の手前の立体は通り方が分からず、1キロぐらい東京外かく環状道路を市川に向かって走ってしまいました。

湾岸道路に復帰してしばらく走ると、強烈に磯の香りがしてきました。池から磯の香りがしていたので不思議に思ったのですが、谷津干潟でした。谷津干潟を過ぎてから湾岸道路を回避するルートをとりました。しかし千葉みなと駅を過ぎたあたりで迂回路を見失ってしまい、千葉中央辺りを目的地と反対方向へ走っていました。おかしいことに気づいてiPhoneを確認、正しい方向へ進路を取りました。(さらに浜野あたりでも見失ってしまいましたが)
 この辺りでハンドルから振動音がし始めました。止まって確認してみるとなんとバーエンドキャップ(ねじで止めるタイプのもの)がとれてしまっていました。ハンドル内の部品は残っている状態のため、段差等で音が発生していました。少し戻って落ちていないかチェックしたものの見つけることはできませんでした。あきらめて残っている部品をハンドル内から取り出そうとしたものの、うまくいきません。やむを得ず音をさせたまま復帰です。

 木更津あたりから国道16号で、ちょっと内陸側を走ってショートカットしました。内房線の上総湊駅を過ぎると再び海沿いを走り始めました。ここまでで出発して約5時間、114キロが過ぎていました。気分的に全行程が200キロぐらいなので千葉県側100キロ、フェリーに乗ってまた100キロぐらいかと思っていました。ひょっとしてスタート地点に戻るまでに200キロではすまず、度付きのサングラスをしたままで暗くなってから走らなければいけないのではないかと不安になってきていました。
 そんなことを考えているうちに金谷に12時ぐらいに着きました。122キロ走っていました。


ブログ村に参加しました、よければ応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
posted by ういろう at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。